クレンジングは大切でも、やり方を間違うと危険!

メイクをする人にとってクレンジングはとても大切なスキンケアの一つです。でもどんなクレンジング剤でもいいというわけではなく、肌のメイク汚れはきちんと落とすけれど、肌のうるおい成分まで落としすぎないものを選ばないと、肌が乾燥してトラブルを作ることにつながります。クレンジングの選び方はキレイな肌を作るための重要なポイントです。

メイク汚れを放置することの危険性

普段の生活の中で身だしなみとしてメイクすることが欠かせないというのは多くの女性の日常です。しかも仕事でフルメイクをする必要がある場合、ポイントメイクなどを時間をかけて丁寧に行うのですが、顔全体を美しく見せてくれるメイクですが、汗や皮脂などに強く崩れないメイクほど肌に長時間乗せておくと負担になります。そして落ちにくいメイクというのは、落としにくメイクでもあるので、必ず専用のクレンジング剤を使用することが求められます。

汚れを落とせるなら何でもいいわけではない

落ちにくいメイクが肌に負担をかけるからと言って、洗浄力の強い強力なクレンジング剤を顔全体に使用してメイク汚れを落とすことはとても危険です。一般的に落ちにくいハードなメイクをするのはアイメイクやリップなどが中心なので、それ以外の部分にハードなメイクを落とすことに重点を置いたクレンジングを使う必要はありません。それどころか強力なクレンジングオイルなどを常用することが、結果的に肌のうるおいまで奪い乾燥を招いて肌トラブルにつながることが少なくありません。メイク汚れを肌に残すことは危険ですが、ハードなポイントメイク用と、それ以外の部分用のクレンジングは分けて使用するのがおすすめです。

クレンジング剤の使い方も大切

落ちにくいポイントメイクは専用のポイントメイクリムーバーであらかじめ落としてから、顔全体はできれば肌への刺激の少ないクレンジングミルクを使用するのがおすすめです。クレンジングミルクもいくら肌にやさしいとはいえごしごしこするのではなく、顔全体に塗ったら手のひら全体を使って軽く押し当てるようにして汚れをなじませ、乾燥が気になるときにはそのままダブル洗顔せずに水を含ませたコットンなどでふき取る方法がおすすめです。べたつきが気になるときにはもちろん通常通りの洗顔をしてもいいのですが、肌が乾燥気味になっているときにはふき取るだけにすることで、肌の潤いをとり過ぎずに済みます。

洗顔はスキンケアの基本と言われていますが、まず肌のメイク汚れなどを落とすクレンジングから見直してみることが大切です。その時の肌のコンディションに合わせてクレンジングの方法を変えることで、肌の調子は確実に良くなります。